人気ブログランキング |

2006年 05月 29日 ( 1 )

かなしばり (5月29日・月曜日) by フェイサル

今日はちょっとかなしばりについて書きます。

うちの社会でかなしばりは、あくまのこうげきと言われていました。
親がいつも子供にねる時かならず気をつけて下さい。
ねかたはちゃんとしないとあくまがこうげきする。
私も親から、あおむけにはねないようにちゅういされていました。

自分ははじめてかなしばりになった時の事はおぼえていないんですが
でもフンザでいっかいかなしばりになった事を今でもおぼえています。

仕事中、ある日フンザのホテルで一人でとまっていました。
まん月だったから、自分のへやのもどから見ながらねてしまいました。

自分はあおむけにねていtから、深夜、自分の体の上に何かおもい者がのっているのをかんじました。
体をうごかそうと思ったら、うごけなくなって、こえを出そうと思も、こえが出ない。

そのおもたい者がどんどんおもたくなって行く。

しばらく、こんなじょうたいになって、自分はこれでしぬかと思いました。
でもどんどんその体の上にあるおもい者がかるくなって、なくなりました。

そのあと、私が手をうごかしたらうごきました。
自分がいきてる事で、とてもよろこんで、すく水をとりに行ってあいているまどまで行きました。

そのの深夜のかぜをすって、ずっと朝まで、これが何だろうとかんがえていました。
朝フンザの人々にきいたら、これがようせいとか、またようかいなんです。
でもいっしょにいる日本人とその事について話して。これはかなしばりだと言われました。

その前は私これはあくまのこうげきやようかいのえいきょうなどとしたかなしばりを信じていました。

いじょうです。
by guide_coxpakistan | 2006-05-29 14:29 | フェイサル Faisal