旅立ち (8月6日・月曜日) by 管理人

永らく「メフィルon Line * from Pakistan」をお休みしてしまって申し訳ありません。

皆様も御存知のとおり、パキスタンの渡航情報が引き上げとなった結果、従来のパッケージツアー(主催旅行)のお取り扱いが激減し、この夏から秋にかけては全滅...。そして今の状況を見る限りでは、来年の春フンザツアーの仕込み時期(=今年の10月頃)までに渡航情報の見直しが期待出来ない場合には、来年の春も見送りを余儀なくされそうな状況となっています。

春のピークシーズンで1年間の蓄えを確保せねばならない現地旅行会社としては、今年は非常に厳しい1年となっています。(観光年なのに!!)

2001年の911以来、なんとか細々と繋いで来た観光業ですが、今年の2月に起きた自爆テロ未遂@イスラマバード空港の影響で2007年春フンザの時期が予想外に落ち込み、そのままこういった現状となっており過去になく苦戦を強いられています。

現場に活躍の場を求められるガイドや運転手達の不安は最高潮に達しており、中には既に消えるように辞めてしまったガイドやマネージャーや運転手達も数人居ります。

もともとツーリズム不況の中をじっと辛抱して頑張ってくれてきた人達なので、私達としても突如として逃げ去った彼等を責めることは出来ません。

この「メフィルon Line * from Pakistan」もこれまでは曜日別の担当者を定めて交替で記事をアップして参りまして、社員ガイドの人数が7名を切ったところで私も中に入ってローテーションを組んで参りましたが、それでも足りない状況となってしまいました。

そこで、今後はまだまだ観光業の復興を信じて頑張ってくれているガイド達が個々にブログを持つことにし、おのおののペースで記事をアップして行くことになりました。

どうか今後も引き続き応援していて下さればと存じます。

・:*:・°★,。・:*:・°☆・:*:・°★,。・:*:・°☆・:*:・°★,。・:*:・°☆

e0045008_15371099.jpg◆フェイサル・シャーのパキスタン便り◆
http://faisalshah.exblog.jp/

弊社のツアー・プロモーション・マネージャーのフェイサル・シャーが運営するブログです。
写真が豊富で記事の内容も宗教・政治・生活・観光業などなど多岐に渡っていて読み応え十分です。パキスタンについて、パキスタン人が日本語で綴ったものとしては多分最高レベルものもではないかと自社スタッフのことながら、わたくしも賞賛の目で眺めております。

是非ブックマークして下さいね!




e0045008_15143599.jpg◆アビッドのパキスタン便り◆
http://abid.exblog.jp/

マンセーラ出身のアビッドが綴るブログです。アビッドは現在Islam Studyで修士号を取得中。世界で過激なイメージばかりが先行するイスラム教について専門家の観点から綴ってもらえることを期待しつつ...。

皆様のコメントをお待ちしております!




e0045008_15175947.jpg◆イテシャームのパキスタン便り◆
http://ihtesham.exblog.jp/

タキシラ出身のイテシャームのオリジナルブログです。イテシャームは7月末から手配チームの統括業務も兼任するようになり、ますます忙しい身となりました。デスクワークについてはこれからまだまだ勉強が必要ですが、実務を通じて少しずつ学んで行ってくれることと思います。

イテシャームにとって皆様からの応援のコメントが毎日のビタミン。どうか応援してあげてください!




e0045008_1522314.jpg◆レヘマットのパキスタン・フンザ案内◆
http://rehmat.exblog.jp/

フンザ出身のレヘマットによるオリジナル・ブログがスタートしました。観光客の皆様に一番人気のフンザ出身ということで、レヘマットのブログではフンザのお話に重点を置いてご紹介する予定です。また今年の秋に結婚を控えているレヘマット、これからは世帯主としてしっかり頑張って家計を支えなくてはならない身です。応援のコメントをお待ちしております!話題の幅を広げる為にも御質問などコメント欄にどんどんお寄せ下さい。




e0045008_15412355.jpg◆ワジッドのパキスタン便り◆
http://wajidali.exblog.jp/

ギルギット出身のワジッドのオリジナル・ブログです。最近は観光ツアーよりもプロジェクトのコーディネーション業務の多いワジッドに御質問などをどしどしお寄せ下さい!皆様からのコメントが一番の励みです!







・:*:・°★,。・:*:・°☆・:*:・°★,。・:*:・°☆
その他関連ブログとしては


◆Journal de パキスタン旅行業界◆
http://paktourism.exblog.jp/

パキスタンの観光情報をお伝えする日替わりブログです。
最近はテロ情報満載になっていて、アイタタ...の嘆きのブログとなっております。


◆チャイ・ブレイク* from Pakistan◆
http://chaibreak.exblog.jp

管理人・白井真理子によるパキスタンブログです。今後はこちらの更新がメインとなります。

・:*:・°★,。・:*:・°☆・:*:・°★,。・:*:・°☆

ということで、このメフィルon Line * from Pakistanは本日を持って一旦終了とさせて頂きます。

これまでの御愛顧を有難うございました。今後もパキスタンのツーリズム復興を目指して、スタッフ一同努力を重ねて参ります。まだまだトンネルは長いのでくじけそうになることもしばしばですが、そんな時に一番の励みとなるのは、ブログのコメント欄に寄せられる皆様からの叱咤激励のメッセージです。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

白井真理子
Cox & Kings Pakistan (Pvt) Ltd.
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-08-06 11:53 | 管理人

イメジ By Abid

さいきん日本にもニュウズではながれていると思いますけれどもパキスタンではじょほうはちょっとたいへんです。

皆様ご安心ください、パキスタンの除法はすぐ直ります。

今も観光客のためにぜんぜん問題ないです。

みんなは知っているんです、今世界ではパキスタンのイメジがすごく悪くなっています。

パキスタンだけじゃなくてイスラムきょのイメジが悪くなっています、でも一つこと教えたいんですイスラムきょでは自爆テローとか人間を殺したりすることはまったくだめです。

イスラムきょでは一番悪いことは人間を殺すことです。
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-20 16:14 | アビッド Abid

ロワリ峠の雪 by Ihtesham

皆様どうもこんにちは

皆様もし夏の時チトラールのほいくと途中でロワリ峠があります。
標高は3200メーターぐらいです。
e0045008_1564181.jpg


ロワリ峠の歴史はとても古いです。アレクサンダー大王もこの峠をとおってガンダーラに入ってきました。
冬のときこちら沢山雪が降っていますから冬の時とおれない。
冬の時雪がたくさん降っていますから万年雪沢山あります。
夏の時ラロワリ峠の近くに人たちは万年雪を集めていることを見られます。
e0045008_1581399.jpg
なぜかと言うとチトラールという町の中氷のこうじょうがないのでこの万年雪をこおりとしてうっています。
このこおりは一キロは5ルピーぐらいうっています。

ロワリ峠からこの雪は車にのせてほかのとこるにもっていっています。


e0045008_15104278.jpg

[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-17 15:11 | イテシャーム Ihtesham

ありがとうございました。By Abid

皆様ありがとうございました、皆様のお祈りのおかげでげんきになりました。

明日から二日間のツアーでラホールへ行きます。

イスラマバードで住んでいる日本学校の先生の家族といっしょに行きます。

私こんかいはこの家族といっしょに行くのは五回目です。

明日12時にイスラマバードから出発して日曜日の夜かえって来ます。

今ラホールはすごく暑いです。
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-13 18:10 | アビッド Abid

びようきです   By   Rehmat Ali

皆様どうもこんにちは。

昨日病気でブログをかかなかったん。

じつは一昨日の夜マメを食べたのでおなかがいたくなってしまったんです。
だから昨日会社を休みました。

今はおかげさまでげんきです。薬もちゃんと飲んだから今日だいぶよくなって来ました。

でもツーリズムのブログはアビットさんが書いてくれました。

で今日はディダール カリームさんは休みだからかれのかわりに私かきます。
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-12 14:01 | レヘマット Rehmat

on yasumi By DK

皆様どうもこんにいちわ。

明日から私はフンザへ行きます。

フンザで11日私のしゅうはの大きいなおいわいがあります。

この日げんちの音楽たいが音楽おもひいています。

あの山の上によるの時ひをついています。

この日は本とにすごいたのしいです。

皆様がいらしゃたらぜひいらしゃってくださいね。

これでさよなら。bye bye..................
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-12 13:49 | ディダール・カリームDeedar K.

カラーシュ人 by Ihtesham

皆様どうもこんにちは

今月一日からパキスタンの北西にあるチトラールと言う町にお客様連れて行きました。

チトラールの歴史はとても古いです。でも一番古い歴史があるきれいなカラーシュと言う渓谷です。チトラールから二時間半かかっています。
e0045008_1552214.jpg


人口は4000人ぐらいです。

カラーシュの人はカフェルカラーシュもいわれいています。カフェルカラーシュはしんじていないと言ういみがあります。

カラーシュ人今まで2000年古い文化まだ続けています。

カラーシュ人はアレクサンダー大王の子孫と思われています。

アレクサンダー大王がギリシヤから東方遠征してパキスタンにはいった時兵隊たちは

現在のカラーシュをすきになってそこで住み始めたんです。 

その時代から今までむかしのギリシヤの文化を続けています。


e0045008_1934460.jpg
  
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-10 16:30 | イテシャーム Ihtesham

ひさしぶり

皆様どうもこんにちは
お元気ですか?二週間からずっとかけなかったので本とにもうしわけありませんです。それはなぜかと言うと仕事でパキスタンの南にあるカラチまたラホールにいたからかけませんでした。このごろはパキスタンにムーンスーンのじきですから一昨日まで大雨でした。全国パキスタンとしては雨のせで洪水があったりどしゃくずれがあったり何びやく人がなくなってしました。二日間前からカラコロムハイウエーにあるコヒスタンちいきいに洪水があって23人がなくなっています。残念ですね。

で私も実家のほうへ休みをとって帰ろうとしたかったけど今の所は道もふさがっていたしまたは今日会社から休みもとれなかったんです。ですから中中い帰れナインですね。休みをとりたかったのは今月15日はいとこの結婚式があるからです。

じゃまた会うね。
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-09 21:25 | ワジッド Wajid

星になったクルフィ(7月7日・土曜日 by 管理人)

今日は七夕祭りですね。

私の育った大阪府交野(かたの)市は、七夕伝説が色濃く反映された【星の里☆】

市の中心を流れる川の名前は【天の川】、その川に架かる橋は【逢合橋(あいあいばし)】、我が家から徒歩5分の距離にある氏神様の【機物(はたもの)神社】は織姫様を祀った神社です。


◆交野星の町観光協会
http://www.katano-kanko.com/


交野市にはロマンチックで壮大な歴史ミステリーがあります。

この私の(!)氏神様、【機物神社】はこと座のベガを地上に写した場所に位置しているのです。

【天の川】と【機物神社】の位置関係を調べると、交野天神社(かたのあまつかみのやしろ)を北極点として基準にした西暦535年の星図が地上に描かれていることがわかります。


◆宇宙(そら)の記憶
http://murata35.cool.ne.jp/soranokioku/soranokioku02.htm


そんな土地ですので、今日の七夕祭りも盛大にお祝いされていると思います。

さて、当初の出張予定を繰り上げて早めにパキスタンに戻って参りましたが、私を待っていたのは

クルフィの訃報でした...。

中国新疆ウイグル自治区への出発の朝、徹夜明けでドタバタしながら荷造りをして、身支度をしていると...。

e0045008_15564854.jpg


スーツケースの中に入ってこちらをじっと見ているクルフィが居ました。

まるで「どこいくの?クルフィも一緒に行きたい。」と言っているような姿。

e0045008_15584623.jpg


その後はじっと目をつぶって、スーツケースの中でじっとしていました。

この写真を旅先で何度眺めたことでしょう・・・。

会社からの電話でクルフィの具合が良くないと聞いた時に、寂しい予感が胸を過ぎりました。
嫌な夢も見ました。

今回予定を繰り上げて帰ってきたのは、政府観光省のイベント準備の為と、現在報道を賑わしているイスラマバードの「ラールマスジッド」の件での日本からのお問い合わせに対応するためというのが大義名分なのですが、私の中では「一刻も早くクルフィに会わないと...」という思いもありました。

e0045008_1623578.jpgクルフィは私達が出発した後は、社長の提案で飼育係の「鳥のフェイサル」の家で御世話になっていたのですが、寂しさのあまりでしょうか食べ物も水も受け付けなくなってしまったそうです。

困り果てた「鳥のフェイサル」が病院に連れて行ったのですが、結局回復することなくそのまま短い生涯を閉じてしまったとのこと。

当地の動物病院の体制(動物病院と言っても、メインは犬の売買で、敷地の大半のスペースは販売用の大型犬を繋いだ檻。衛生状態は劣悪で、ちゃんとした医療器具も無く、医師の資格も無さそうな自称医師が面倒を診ているのみです。)や、また飼育係を含めてパキスタンの人達の動物に対する感覚(家族の一員というよりも持ち物であるという感覚)で、実際にクルフィが何日に息絶えたのかも誰も把握していないようですし、遺体もどうなったのかわかりません。

e0045008_1612175.jpgせめて事務所で面倒をみていれば、クルフィも知っているスタッフ達も沢山居るし、寂しい思いをしなかったかもしれない...とか色々と「もしも」を考えてしまいますが、社長としても良かれと思って犬に詳しい飼育係に任せることを提案してくれたのですし、きっとお医者様だって最善を尽くしてくれたのでしょうし、どんなに嘆いてもクルフィが生き返るわけではないですし...。

でも私は本当に悪いことをしたと悔やんでいます。生後3ヶ月でもらわれてきて、私達が3番目の飼い主だと聞いていたので、環境の変化には慣れているかと思っていたのですが、多分私がベッタリと密着しすぎたのだと思います。クルフィがもらわれてきた段階で、この中国出張は既に決まっていたことだったので、本当にクルフィのことを考えていたら、まず1日だけ飼育係さんの家でホームステイをさせて環境に慣れさせて、それを1日から2日に延ばし、3日に延ばし...と出発までに環境に慣れさせてあげて、数日あわなくても永遠の別れではないと教えてあげるべきだったと深く反省しました。

結局、私は自分がクルフィと一緒に居たい、という私自身のエゴばかりを押し付けて、クルフィをベタベタ可愛がってクルフィの日常を私一色に染めておいて、さっさと出張に出てしまったのですから...。なんて残酷なことをしてしまったのだろうと申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

これまでも子犬が成長する過程で、日本出張など長期間事務所をあけたこともあったのですが、その時はぷ~ちゃんもBOXYも生後半年を過ぎていて、食べ物も成犬と同じものを食べられるくらいになっていたわけで、今回のクルフィのように離乳食を一日に5回程食べさせている過程では早すぎたのだと思います。

e0045008_16262538.jpg旅行中も何度もクルフィの様子を尋ねたのですが、多分私への配慮でしょうか、誰も死んでしまったことを教えてくれなくて「病院に預けていてわからない」という返事だったのですが、戻ってきてから「鳥のフェイサル」より死んだことを聞かされて、スタッフの前であるにもかかわらず涙を流してしまいました。

とは言え、人の死が身近なパキスタンのこと。

会社の中には、我が子を事故で一度に亡くした社員も居ますし、つい3週間前には社長のお兄様が心臓発作で急逝したばかり。大家族制度が残っているためか、忌引きで会社を休むスタッフが毎月2~3人居ることを考えると、彼等にとっては「たかが犬ごときで・・・」ということでしょうし、私も我が子を亡くしたスタッフの前で犬が死んでしまったからとメソメソすることは憚られます。

女性だという理由での自由行動範囲の制限、常にスタッフ達が私の行動を逐一把握しているという状況、24時間事務所兼住居での生活、仕事が全く絡まない御友達の居ないパキスタン暮らしにおいて、ワンちゃん達の存在は喩えようもなく大きく、私にとっては親友であり、家族であり、我が子であり、兄弟姉妹であり...本当に大切な存在です。

だからクルフィを死なせてしまった事は本当に哀しく、中国出張に出てしまったことを激しく後悔しました。

スタッフ達の手前、そんなそぶりは見せないようにしましたが、彼等も少し離れた所から私を観察しながら距離の取り方を計ってくれているようで、事務所の中でも私から話しかけない限りはそっとしておいてくれて有難かったです。

夜、残業を終えたスタッフ達が事務所から出て、鍵を閉めて一人っきりになると、涙が止まらなくなって嗚咽しながら号泣する日が続きました。こんなに泣いたら脱水症状で干からびてしまうのではないかと思うくらいに涙が溢れて一睡も出来ない夜もありました。

でも、パキスタンで親しくして下さっている日本人の愛犬家の方々や、日本や海外に居る友達や親戚達が辛抱強く励まして痛みを分かち合ってくれたお陰で、復活できました。今は涙することなくクルフィについて語ることが出来るようになりました。

e0045008_16481585.jpg


クルフィと過ごしたのは1ヶ月あまりでしたが、一日一日が愛しいです。忙しい毎日にささくれがちな心に潤いを与えてくれたことに心から感謝しています。そしてスタッフ達から沢山の笑顔を引き出してくれたことにも「ありがとう」と伝えたいです。「ごめんね」と「ありがとう」を1000回伝えても足りないくらいです。

今日は七夕さま・・・。クルフィの魂を氏神様に託して供養したいと思います。

メフィルの読者の皆様の願い事がかないますように...。
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-07 13:00 | 管理人

体   By Abid

皆様どうもこんにちわ。

明日金曜日から来週の火曜日まで休みをもらって今日の夜実家に帰ります。

二つの竜があります、一つは家がこうじちゅうです、二つ目は私が病気です。

げんきじゃないとなにも楽しくないです。

からだは一番と言うことです。

いつもかぜがひいたときながくて二日間の中直っていたんですけど今回初めて
ずっと四日間からかぜと頭が痛くてまだ直っていないです。
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-06 13:48 | アビッド Abid

長い間すみません    By  Rehmat Ali

皆様どうもこんにちわ。
長い間ツアーに出かけたからじぶんのタントの日に

書くことができなかったんですけれどもこんどフンザと
またほくせいへんきょうしゅのスワットのツアーから帰って
来ました。でもおかげさまでいいツアーができました。

フンザのツアーでJicaのおにしさまとお家族またおいしさん
とにしのさんと言うJicaのおきやくさまといっしょガイドを
させていただきました。

ところでFairry Meadowと言うきれいなところも行きました
がみなさまはすごくあるいてNANGA PARUBATOのベス
ケンプまで行きました。そのころてんきもよくてラッキでした。

でもフンザについてからクンジラブ峠に行くよていだったけれども
みちがどしゃくずれでしまったんです・でもそのかわりにかみフンザ
のボリットレイクと言ういけがありましてそちらのほうにいきました。
とてもよかったです。

ところでまたこんどこんがつの16日からやすみをとってフンザへ
行きます。10月のおわりぐらいまでけっこんしきがありますから
その前にてはいしなければならないです。
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-05 16:32 | レヘマット Rehmat

もうしわけありません By Abid

先週の金曜日に仕事ででかけていて記事を書けなくてもうしわけありません。

先週の日曜日の夜帰って来てそのときから今まで病気です。

頭が痛くて熱もあるしかぜも引いています。

二回医者さんのほう行って薬毎日使っていますけどでもまだ直っていないです。

この記事を読んでいる人たちはお祈りしていただければ元気になると思います。
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-07-04 21:20 | アビッド Abid

シルクロードのオアシスから(6月30日・土曜日)by管理人

おはようございます!
管理人@アクス(阿克蘇)中国新疆ウイグル自治区です。

先週の土曜日は翌24日(日)出発を控えて、まさに修羅場を迎えておりまして、メフィルをアップ出来ませんでした。申し訳ありません。

「本当に出発出来るのだろうか・・・。」と、まるで2学期の始業式を間近に控えてドキドキしながら8月31日を迎えていた小学生時代を思い出しつつ、連日徹夜・徹夜・徹夜で、もうじき36歳となる身にはさすがに徹夜続きは堪えました...。

それでも結局「宿題」は終わらず、そのまま旅先に持ってきてしまいまして、ホテルでまた徹夜...まったく我ながら呆れるばかりの仕事の遅さです。どうにかしたいです!

さて、今回の訪問も中国新疆ウイグル自治区政府と現地旅行会社さんに御招待頂いたものでして、旅費の自己負担は往復の航空券代のみという有難いものです。

旅行業界に居ると「それって役得~~!!」と言われることが色々あるのですが、こうしたイベントに参加させて頂けるのはその最たるものかと思います。もちろん、その後の販売促進に尽力するというGive & Takeの法則は依然として存在しますが、それでも嬉しい機会です。

メインイベントとして「第四回新疆国際旅行祭&第四回阿克蘇亀茲文化旅行祭」に参加させて頂くのと共に、より深くこの地域を知るための業界向けFAMツアー(FAMとはファミリアライゼーション:つまり研修旅行)が実施されています。

今回もざっと見ただけで旅行業界&旅行関連出版業界&ジャーナリストの方々が、日本、台湾、香港、韓国、タイ、マレーシア、シンガポール、アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、パキスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、ロシアから参加しておられ、総勢170名の招待客が集まっています。

朝はだいたい8時から8時半頃ホテルを出発して、移動日は400~700kmの移動続き。

今日もホテルにチェックインしたのが23時、その後夕食...という盛り沢山の研修旅行です。

この土地は地図上はパキスタンと殆ど同じ経度なのですが、北京時間(パキスタン+3時間、日本-1時間)を使用しているため、夜は22時くらいまで明るいのです。だからついつい一日が長くなってしまって、時間の感覚が失せてしまうのですが、移動中にガタガタ揺れる車の中でも熟睡出来る特性を活かして、夜は自室で仕事をして明け方1~2時間睡眠をとって、日中はよく食べ、よく飲み(あ、でも酒豪で鳴らしてきて「ザル以上に飲むワク」と謳われたこの私が春先から体調不良で飲酒を控えているので、今年は主催者側もお酒の減りが遅くてホッとされていると思います。)、よく歩き、よく学び...普段はどうしてもOUTPUTに偏りがちな日々にあって、久々にエナジーチャージをさせて頂いています。

今回で私は3回目の新疆ウイグル自治区訪問ですが、いつもここに来ると体調が良くなって元気が満ち溢れるのですよね!

私も仕事柄世界60ケ国以上を巡って来ましたが、「好きor嫌い」とか「興味があるorない」とかいったこととは別の次元で「そこに居るだけで細胞が活性化する!」という気持ちになったのは、(あくまで個人的な感覚ですが)ニュージーランドのテカポ湖周辺、アリゾナのアーチーズ国立公園、パキスタンのフンザ、ペルーの名も知らない町、モロッコのメルズーカ砂漠、ブラジルのイグアスの滝...など、そしてここ新疆ウイグル自治区なのです。

なので、ここはマイ・パワースポット!!と密かに認定(有り難味がナイって?!)していたのですが、今回は嬉しいことに、日本から参加していらっしゃるライターの内田一成さんがそういったパワースポットについてもGPSを使用して検証しておられるとのことで、とても興味深いお話をお伺いしました。

内田一成さんのプロフィールは「ライター」という一言ではとても表せないほどに実に多方面に渡って御活躍なので、ぜひプロフィールをご覧下さい!
内田一成さんプロフィール

内田さんはその佇まいからも人柄の良さと深さが滲み出ているとっても素敵な方です!
ブログを拝見するとその奥深さがちょっぴり覗けるような気がします...。
アウトドア・ベーシック・テクニック公式ブログ

また今回は、かつて新疆ウイグル自治区を初めて日本で本格的に紹介された写真家の石嘉福先生も同じマイクロバスで旅行して下さっているので、ガイドさんから教えて頂く現地事情以外にも沢山の貴重なお話を聞かせて頂いています。

このイベントに参加する醍醐味は、観光地の視察だけでなく、様々な参加者の方達との交流が実現すること。

仕事面で言っても、例えばパキスタンというプロダクトを紹介するのにも、世界各地で開催される旅行博に出展するよりも、こういった場所で実際に何日間か行動を共にしながら世界の色々な土地からいらした人達にアピールする方が、ずっと現実味のある具体性のあるデスティネーション紹介となります。

特に新疆ウイグル自治区とパキスタン北方地域とは国境を接していますので、この地域に興味を抱いている業界関係者さん達は、まずまちがいなく「その先」にあるパキスタン・フンザなどの北方地域や、ガンダーラ地域も視野に入れていらっしゃるのです!

・・・とまぁお仕事を抜きにしても、本当に楽しい毎日です!

プログラムの詳しい様子や写真などは、内田さんが担当されている昭文社さんの『まっぷるnet オフィシャルBLOG【アウトドア】』をご覧下さい!

『まっぷるnet オフィシャルBLOG【アウトドア】』
http://naviblog.mapple.net/outdoor


文章もお写真もとっても素敵ですよ!!
これからも旅先からアップして行かれるそうです。(お疲れ様です~~。)

我々の写真も載せて下さっています!
私、ココでもひたすら食べてます!果物が本当に美味しいんです!!スイカ、メロン、杏、桃...水代わりに何処に行っても出してもらえるので、1年分食べている感じです!

さて、通信インフラが発達しているおかげで、このようなシルクロードのオアシス都市からでもメフィルをアップ出来て驚きです!それから弊社日本語ガイドがちゃんとBLOGをアップしてくれている事に安堵しました。
(「鬼の居ぬ間に...」と勝手に「休暇宣言」をしてしまっているツワモノも居るようですが...!)

※ちなみにアビッドは月曜日からツアー、ワジッドは日曜日からツアー、レヘマットはツアーが終わる頃です。

社長と私とは、この後に控えている「シャンドゥール・ポロ・フェスティバル」の準備の関係で、今回のツアーの最終日までは残らずに、途中離団しまして、イスラマバードに戻ります。

当初はクンジュラブ峠を越えてフンザ経由で戻る計画だったのですが、それよりも更に早くイスラマバード帰着が望ましいということで、フライトに切り替えての戻りです。

2年ぶりのフンザを楽しみにしていた私としてはちょっと不本意でもあるのですが、仕事をふいにするわけには行きませんので、水曜日にはイスラマバードに戻る予定です。

・・・と言う事で、次回の管理人・白井真理子のエントリーはパキスタン・ラワールピンディからとなります!よろしくお願いいたします!

追伸:今日会社からの電話で、クルフィが病気だと聞いて心配です...。
まだまだベッタリついていないといけない時期だったのかも...と不安。
飼育係のフェイサルの家で面倒を診て貰っているのですが...。
愛犬家の皆さん、どうかクルフィの回復を祈っていて下さい!

■トラックバック to
まっぷるnet オフィシャルBlog【アウトドア】
新疆国際旅行祭 vol.3 旅の仲間
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-06-30 03:23 | 管理人

夏休み by DK

皆様を元気でしようか?

来月私はフンザへ行きます。

皆様はフンザへいらしゃったらぜひ私とあってくださいね。

私はフンザでEaglesNest鷲巣と言うホテルでいます。

それ で じゃ また らい月。

Have a full of fun week.

bye byeeeee.
[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-06-28 10:30 | ディダール・カリームDeedar K.

マンゴ

皆様どうもこんにちは

皆様今パキスタンの中マンゴという果物は、とてもはやっています。

マンゴは、わたしの大好きな果物です。なぜかというとパキスタンのマンゴはとても美味しいです。
e0045008_1918442.jpg


マンゴはパキスタンの中一キロは120円です。日本と比べると、とても安いです。

もしだれか日本人がマンゴが大好きだったらマンゴを食べるためにパキスタンへ来て下さい。
パキスタンへ来たら、たくさんめしあがってください。
e0045008_1921529.jpg

[PR]
# by guide_coxpakistan | 2007-06-26 19:25 | イテシャーム Ihtesham